第12回レポート「テーマワーク:12/8 区民公開講座(仮称)イベント内容の企画や広報の具体化・他」

1.中間発表会に向けた指針の共有
2.担当別に全体構成の話し合いと全体像の共有
3.広報のポイントの確認
4.今後のスケジュール

vol12_001vol12_002

10月23日(水)は、中間発表会に向けて、前回決めた役割の担当別に、それぞれが議論しまとめた内容を発表しました。
その発表を元に、中間発表会の内容を決めるのにあたって、まず、大きな指針と目的を全体で検討しブラッシュアップをしていきました。

vol12_003

vol12_004

大きな指針の整理ができてきた所で、今度は役割の担当別にわかれて全体構成について話し合いました。vol12_005地域活動では、限られた人手・期間の中でイベントの運営など行うことが珍しくありません。
全員で話し合った方がいい事と、役割別で話し合ったほうがいい事を上手く使い分けて、話し合いを繰り返し、必ずそれを全体で共有していくと、徐々にブラッシュアップされます。こういったテクニックも地域活動で必要な技能の一つかもしれません。

 

vol12_006

vol12_007

再びイベント全体像を共有しつつ、区報へ掲載する原稿を決める為に、公開講座のタイトルも決める事になりました。

 ↓確定したタイトルがこちら!vol12_008インタビューのお願いの打診から撮影の日程調整も、受講生が主体となって行います。次回講座までに早速、追加インタビューも決まったようですね・・・!


▼次回は「公開講座の準備状況の共有、イベントまでの資料作成」です。


【受講生の声(ふりかえりシートより)】
●本番を見据えて、話し合いも盛り上がった。イベントまで間に合うとよいと思う。
●来年3月修了後の展開、目的と指針がよかった。
●このすみだの魅力人財ムービーをゆくゆくは本に(修了後に自分の活動としても)まとめたいです。
●修了に向けての流れがまだよくわかりません….
●ある人の“人のつながりマップ”をつくりたい。イベントもつながっているし、沢山の人ともつながっている。そのマップをつくりたい。


【事務局より】
受講生が、イベントの指針・プログラムをメンバーとディスカッションしながら決める、という事がスムーズに行えるようになってきたと思います。
議論やアイディア出しにもルールやノウハウがあります。この経験を積んで、地域でのディスカッション上手になってみて下さい!

講座レポート・PDF版はこちらより

Comments are closed.